龍の土の実 望月とまと
龍の土の実 望月とまと
龍の木の実 望月のもも
龍の木の実 望月のもも

龍の木の実 望月のもも

『 龍の木の実 望月のもも  商標登録 6129164号)』は、望月農園が監修する桃の総称です。愛称は りゅうもも です。

りゅうもも

「 龍の木の実 望月のもも 」(以下、りゅうもも)は、自然由来の肥培管理とおおよそ1世紀の技術で管理している、望月農園が監修する桃のブランド名です。

望月農園では、常に疑問を持って栽培に挑んでいます。これまで良いとされていたこと、あるいは悪いとされていたことなどに問いかけ、理論と実践の繰り返しにより、品種ごと、木ごと、畑ごとに管理を変えています。

桃の管理は秋に始まり、夏に終わります。一度として同じ年はありませんので、毎年、挑戦者です。こだわりは品の良い香り、なめらかな果肉感、濃厚な風味とキレの後味です。


桃と共に生きる

ここは日照時間トップクラスの山梨県において、濃厚な果実づくりに適する南面傾斜というごく限られた地域です。しかしながら、この傾斜地で桃を育て抜いていくということは、想像をはるかに超える過酷なものです。そして、この過酷さに加えて毎年のように更新され続ける厳しい気象状態、獣害、病気など、多様に好ましくない変化が桃木に襲いかかります。 

そのような中、私たちは桃を「作る」というよりも、「守り、愛しむ」という気持ちで過ごしています。桃木はただ「あるがまま」です。傍でいつも見ているつもりでも、こうしてあげればよかったと悔やむこともあります。そして、わかっていてもどうもしてあげられないこともあります。それでも一年後、またその実を付けてくれる姿に私たちは励まされ、幸せを感じ、感謝します。育てているつもりでも、実のところ私たちが育ててもらっているのだと思う瞬間です。  

長い時を桃と共に過ごしていますが、まだまだわからないことがたくさんあるのだと思います。桃木にとって本当に必要なことを、私たちはまでできていないかもしれません。それでもここで桃木と共に生きると決めた私たちにできることは、春には春の風を、夏には夏の風を、秋には秋の風を、そして冬には冬の風を共に感じ、静かに寄り添い続けることだと思います。


10種類の桃

 私たちは10品種の桃を選び栽培しています。

・日川白鳳・白鳳・あかつき・浅間白桃・千種白鳳・なつっこ・一宮白桃・一宮水密・山根白桃・川中島白桃

※桃は1週間ごとにステージが変わっていきます。お悩みの時はどうぞ お問合せ ください。